So-net無料ブログ作成
検索選択

マブリの島 [和書・翻訳書を読む]

?????

マブリの島

  • 作者: 出水沢 藍子
  • 出版社/メーカー: 高城書房
  • 発売日: 1998/05
  • メディア: ???
新日本文学賞『マブリの島』南日本文学賞『グンセイフの夜』他に、作者自ら選んだ3編を収録。情炎と祈りの熱い開花を見せる南島文学。(Amazonより抜粋)
用事があってしばらく出かけていました。飛行機では電子機器の使用が制限されることをすっかり忘れていて紙の本を持って行かなかったので、この本を空港で買って飛行機の中で読みました。はい、相変わらず行った先がよく分かる選択です。

奄美大島を舞台にした短編小説集です。池上永一さんのようにファンタジーの要素は少ないですが、琉球文化も出てきたりして面白かったです。どこにでもありそうな、でもやっぱりこの地方だから起こるであろう物語に悲しい気持ちになります。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。