So-net無料ブログ作成

プラチナデータ [和書・翻訳書を読む]

プラチナデータ (幻冬舎文庫)

プラチナデータ (幻冬舎文庫)

  • 作者: 東野 圭吾
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2012/07/05
  • メディア: 文庫
国民の遺伝子情報から犯人を特定するDNA捜査システム。その開発者が殺害された。神楽龍平はシステムを使って犯人を突き止めようとするが、コンピュータが示したのは何と彼の名前だった。革命的システムの裏に隠された陰謀とは?鍵を握るのは謎のプログラムと、もう一人の“彼”。果たして神楽は警察の包囲網をかわし、真相に辿り着けるのか。(Amazonより抜粋)
来年映画が公開されるので読むのは控えようかと思ったのですが、ちょっと用事があったので新幹線の中で読んでしまいました。昨日言った『24人のビリー・ミリガン』の設定は、この本の方が近いですね。どのように演じ分けられるのか、今から楽しみです。

DNA鑑定などが小説や映画などでよく扱われるようになってきましたが、それより一歩踏み込んでいたのが面白かったです。今後はこのような世の中になっていくのでしょうか。それで犯罪を抑制できるのでしょうか。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0