So-net無料ブログ作成
検索選択

仇敵 [和書・翻訳書を読む]

仇敵 (講談社文庫)

仇敵 (講談社文庫)

  • 作者: 池井戸 潤
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2006/01/15
  • メディア: 文庫
幹部行員の裏金工作を追及した恋窪商太郎は、謂れなき罪を着せられメガバンクを辞職。エリートから地方銀行の庶務行員となるが、人生の豊かさを知る。だが、元ライバルからの電話が再び運命を揺るがす―。不正を知った男は謎の死を迎え、恋窪は“仇敵”への復讐を誓う。乱歩賞作家、渾身の連作ミステリー。(Amazonより抜粋)
「『花咲舞が黙ってない』ドラマ化エピソード収録作」ということで読んでみましたが、ほのぼのするあのドラマと比べてとにかく人が簡単に死にまくるのがちょっぴり違和感。まあ違う作品ですから当たり前といえば当たり前か...。銀行もの、そして池井戸作品は確かに面白いのですが、主人公が変わっても少々ワンパターンなのは否めず。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。