So-net無料ブログ作成
検索選択

彼女はたぶん魔法を使う [和書・翻訳書を読む]

彼女はたぶん魔法を使う 柚木草平シリーズ

彼女はたぶん魔法を使う 柚木草平シリーズ

  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 2006/07/28
  • メディア: Kindle版
元刑事でフリーライターの柚木草平は、雑誌への寄稿の傍ら事件調査も行なう私立探偵。今回もち込まれたのは、女子大生轢き逃げ事件。車種も年式も判明したのに、車も犯人も発見されていないという。被害者の姉の依頼で調査を始めたところ、話を聞いた被害者の同級生が殺害される。私生活でも調査でも、出会う女性は美女ばかりで、事件とともに柚木を悩ませる。人気シリーズ第1弾。(Amazonより抜粋)
Kindle Unlimitedで読みました。面白かったです。俺が、俺が、っていうのがなんだかちょっと気になりました。ハードボイルドっぽくしようとしてるためなのでしょうが、なんだか爽やかな印象なので気になるのかもしれません。シリーズ2巻目はUnlimitedで読めないので、この作品はひとまず断念です。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

架空通貨 [和書・翻訳書を読む]

架空通貨 (講談社文庫)

架空通貨 (講談社文庫)

  • 作者: 池井戸 潤
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2003/03/15
  • メディア: 文庫
女子高生・麻紀の父が経営する会社が破綻した――。かつて商社マンだった社会科教師の辛島は、その真相を確かめるべく麻紀とともに動き出した。やがて、2人がたどり着いたのは、「円」以上に力を持った闇のカネによって、人や企業、銀行までもが支配された街だった。 江戸川乱歩賞受賞第1作『M1』を改題(Amazonより抜粋)
面白かったです。が、他の作品と感じが違いますね。途中で別の人の作品を読んでるのかと思って確認してしまいました。ところで、こんな風にお金を作っちゃダメなんじゃなかったでしたっけ...。それ自体に偽札防止の策が施されているのにややウケでした。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

晩夏に捧ぐ [和書・翻訳書を読む]

晩夏に捧ぐ (成風堂書店事件メモ(出張編)) (創元推理文庫)

晩夏に捧ぐ (成風堂書店事件メモ(出張編)) (創元推理文庫)

  • 作者: 大崎 梢
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 2009/11/10
  • メディア: 文庫
信州の老舗書店が閉店の危機!? 元同僚からの手紙に、杏子と多絵は休みを利用して、その書店を訪ねることに。書店専門の名探偵、長野で大活躍! 本格書店ミステリ第2弾。(Amazonより抜粋)
配達あかずきん』の成風堂書店シリーズ第2弾...

第2弾!?!?
あ、第3弾の時に気付いてたらしい...。

そんなわけでやっと読みました。単に短編より長編の方が好きだからかもしれませんが、これまでで一番面白かったです。と思いましたが、自分の感想を読んで『書店ガール』シリーズと完全にごっちゃになっているのに気がつきました...ナカナカ難しい。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ: