So-net無料ブログ作成
検索選択

ツリーハウス [和書・翻訳書を読む]

ツリーハウス (文春文庫)

ツリーハウス (文春文庫)

  • 作者: 角田 光代
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2013/04/10
  • メディア: 文庫
じいさんが死んだ夏のある日、孫の良嗣は、初めて家族のルーツに興味を持った。出入り自由の寄り合い所帯、親戚もいなければ、墓の在り処もわからない。一体うちってなんなんだ?この際、祖父母が出会ったという満州へ行ってみようか―。かくして、ばあさんとひきこもりの叔父さんを連れた珍道中が始まる。伊藤整文学賞受賞作品。(Amazonより抜粋)
八日目の蝉』と『対岸の彼女』の印象が強いので、つい女性が主人公のものばかり描いてると思いましたが、孫と祖母がメインでまあまあ面白かったです。ただ、戦時中からの出来事が色々と組み込まれていましたが、学生運動ならまだしも突然オウム真理教まで出て来たのはちょっとお腹いっぱいでした。一般庶民の日常を描いてる風ですが、さすがにこんな盛りだくさんな家族はいないでしょう...。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ: