So-net無料ブログ作成
検索選択

遺留捜査 [和書・翻訳書を読む]

遺留捜査 1 (竹書房文庫)

遺留捜査 1 (竹書房文庫)

  • 出版社/メーカー: 竹書房
  • 発売日: 2011/07/02
  • メディア: Kindle版
「被害者はなぜ殺されなければならなかったのか…」。鑑識員たちが集める"遺留物"や"遺留品"。警視庁捜査一課の科学捜査係主任・糸村聡は、被害者が遺した「子供の頃から大切にしていたおもちゃ」や「日常肌身離さず持ち歩いていたもの」にこだわり、科学捜査だけでは辿り着くことが出来ない被害者の知られざる一面を浮き彫りにし、現代のセオリーとは異なる方法で犯人を追い詰めていく-。被害者の最期の"声"を聞き、その人間性に寄り添う"愛すべき変人"糸村警部補の活躍を描く、従来の「犯人探しドラマ」とは一線を画す、時代が生んだ新しい"イノセントヒーロー"刑事ドラマ。待望の小説化。(Amazonより抜粋)
Kindle Unlimitedで読みました。これを書いたのは脚本家の方で、小説家ではないのでしょうかね。内容はテレビドラマを観ていたのでテレビのまんまなのですが、ところどころ「?」と感じる表現がありました。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ: