So-net無料ブログ作成
和書・翻訳書を読む ブログトップ
前の3件 | -

珈琲店タレーランの事件簿 5 [和書・翻訳書を読む]

アオヤマが理想のコーヒーを探し求めるきっかけとなった女性・眞子。11年ぶりに偶然の再会を果たした初恋の彼女は、なにか悩みを抱えているようだった。後ろめたさを覚えながらも、アオヤマは眞子とともに珈琲店“タレーラン”を訪れ、女性バリスタ・切間美星に引き合わせるが…。眞子に隠された秘密を解く鍵は―源氏物語。王朝物語ゆかりの地を舞台に、美星の推理が冴えわたる! (Amazonより抜粋)
普段から名前を全く覚えようとしないので、同じシリーズ、同じ作者さんの本を買うときは、まずここで「読んだかどうか」を確認してから購入するようにしています。今回、ずっと読んでいたシリーズが出ていたのに読んでいないことに気が付いて購入したところ、最初の10ページぐらいで、

これ読んだことある!
ここに載ってないのに!!!

という痛恨の一撃をくらいました。

ただ、内容はまあまあ良かったので損したとまでは思わなかったのですが、今度こそちゃんと登録しようと思って『珈琲店タレーランの事件簿 4』の感想を読み直すと、

つまらないから続編は買わないと宣言してる!
まあ面白かったからいいか...。

そして、前回購入した本はすでにスキャンしてPDFになっているのを発見。本の内容よりも、自分のダメダメさに少々落ち込んでいます。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

王妃の離婚 [和書・翻訳書を読む]

王妃の離婚 (集英社文庫)

王妃の離婚 (集英社文庫)

  • 作者: 佐藤 賢一
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2002/05/01
  • メディア: 文庫
1498年フランス。国王が王妃に対して離婚裁判を起こした。田舎弁護士フランソワは、その不正な裁判に義憤にかられ、孤立無援の王妃の弁護を引き受ける……。第121回直木賞受賞作。(Amazonより抜粋)
あまり内容を知らずに読み始めたら離婚裁判だったので「失敗したか!?」と思ったのですが、段々面白くなっていって、一気に読んでしまいました。

「婚姻の無効」の申し立ては以前聞いたことがあったので名前は知ってましたが、詳細を今回はじめて知りました。離婚ができない世界の抜け穴を付く方法が、全然人間的ではなく、なりふり構わずなところにウンザリなのですが、それに負けずに戦う姿と、王妃の最後の姿にスッキリしました。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

悪徳の輪舞曲 [和書・翻訳書を読む]

悪徳の輪舞曲

悪徳の輪舞曲

  • 作者: 中山 七里
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2018/03/15
  • メディア: 単行本
14歳で殺人を犯した悪辣弁護士・御子柴礼司を妹・梓が30年ぶりに訪れ、母・郁美の弁護を依頼する。郁美は、再婚した夫を自殺に見せかけて殺害した容疑で逮捕されたという。接見した御子柴に対し、郁美は容疑を否認。名を変え、過去を捨てた御子柴は、肉親とどう向き合うのか、そして母も殺人者なのか?(Amazonより抜粋)
先に読んだ家族が「どんでん返しがスゴイ!」と言ったので、

逆にすぐに結論が分かってしまった!(怒)
何も言わなければ気づかなかったかもしれないのに...。

そんなわけでちょっと残念でしたが、全体的には面白かったです。「殺すつもりがなかった」半分事故のような罪ではなく、自らの意思で犯した罪でも償った(刑を終えた)後に葛藤が続くというのは分かるのですが、弁護士にまでなっちゃうような超人的な行動を起こす人のそれはさらに複雑で、理解できるようなできないような、良い意味で中途半端な状態を楽しみました。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:
前の3件 | - 和書・翻訳書を読む ブログトップ