So-net無料ブログ作成
洋書を読む ブログトップ
前の3件 | -

Never let me go [洋書を読む]

Never Let Me Go

Never Let Me Go

  • 作者: Kazuo Ishiguro
  • 出版社/メーカー: Faber & Faber
  • 発売日: 2011/12
  • メディア: ペーパーバック
わたしを離さないで (ハヤカワepi文庫)

わたしを離さないで (ハヤカワepi文庫)

  • 作者: カズオ・イシグロ
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2008/08/22
  • メディア: 文庫
自他共に認める優秀な介護人キャシー・Hは、提供者と呼ばれる人々を世話している。キャシーが生まれ育った施設ヘールシャムの仲間も提供者だ。共に青春の日々を送り、かたい絆で結ばれた親友のルースとトミーも彼女が介護した。キャシーは病室のベッドに座り、あるいは病院へ車を走らせながら、施設での奇妙な日々に思いをめぐらす。図画工作に極端に力をいれた授業、毎週の健康診断、保護官と呼ばれる教師たちの不思議な態度、そして、キャシーと愛する人々がたどった数奇で皮肉な運命に……。彼女の回想はヘールシャムの驚くべき真実を明かしていく(Amazonより抜粋)
基本的に大小関わらず文学賞にはまったく興味がないのですが、それでも好きな作家さんや興味がある作家さんが受賞されるとなんだかうれしいですね。

そんなわけで、映画に続き原作を読みました。

映画を観てて思ったのですが、翻訳では少しわかりづらい部分もありますが、言葉の選び方が素晴らしいと思いました。donationって、確かに臓器「提供」という意味がありますが本来の意味は「(善意による自発的な)寄付」。donationという言葉が出るたびに、自発的ではない現実に違和感を覚えます。また、臓器提供を終えて死ぬことをcompletionって言ってますが、単なる「終了」というより完了・完成したという意味。臓器提供のために作られたクローンプロジェクトの結末を表すのにピッタリでゾクゾクします。さらには、ヘールシャムはhail(歓迎・称賛する)+sham(模造品・偽物)。先生たちも単なるmaster/mistressではなくてguardian(保護管・後見人)。シンプルな言葉なのに、これだけでこの世界の恐ろしさが感じられます。

全体的に表現はシンプルだし、とっても読みやすいのですが、このような言葉や出来事の奇妙さでこれだけの世界を表現できてしまう力に感動しました。ノーベル文学賞がどれだけすごいものなのか分かりませんし、今後受賞された方の作品を読むこともないと思いますが、今回こんな形でいつか、いつか読もうと思っていたキッカケが得られてうれしかったです。

他の作品も読んでみたいですね。今回はあらすじを知ってから読んだので、次は前情報なしで読みたいです。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

Holes [洋書を読む]

Holes

Holes

  • 作者: Louis Sachar
  • 出版社/メーカー: Yearling
  • 発売日: 2000/05/09
  • メディア: ペーパーバック
穴  HOLES (講談社文庫)

穴 HOLES (講談社文庫)

  • 作者: ルイス・ サッカー
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2006/12/15
  • メディア: 文庫
無実の罪で少年たちの矯正キャンプに放りこまれたスタンリー。かちんこちんの焼ける大地に一日一つ、でっかい穴を掘らされる。人格形成のためとはいうが、本当はそうではないらしい。ある日とうとう決死の脱出。友情とプライドをかけ、どことも知れない「約束の地」をめざして、穴の向こうへ踏み出した。(Amazonより抜粋)
英語の多読のオススメとして必ずあがるこの作品。英語を教えている会社の人たちに紹介したので自分でも読んでみました。

英語は易しめで1章も短くて、さすがオススメの本ですが、何よりもストーリーが面白いですね。「穴」というタイトルと砂漠で穴掘りという設定に最初はちょっと引きましたが、矯正キャンプでの人間関係の描写が面白くて飽きずに楽しめました。昔のエピソードが次々につながり、ラストの持っていきかたはさすが青少年向け。会社の人たちも楽しんでくれるといいなあ。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

Tintin - Tresor De Rackham Le Rouge [洋書を読む]

Le Tresor De Rackham Le Rouge (Aventures de Tintin)

Le Tresor De Rackham Le Rouge (Aventures de Tintin)

  • 作者: Herge
  • 出版社/メーカー: Casterman
  • 発売日: 2007/01/10
  • メディア: ハードカバー

突然ですが、

エントリーが1,000件になりました!!!!!
めでたい。めでたい。

そして、

久々のフランス語来ました!!!
漫画ですけどね。

フランス語の勉強は忘れたわけではないんですよ。ただ、腰が異常に重いだけなのです...。

この本は、むかーしむかしにベルギーに行ったときに20冊近く買ってきた本の中の一冊です。はい、留学先から直接ベルギーに行って直接留学先に戻ったので、その一群はずっと留学先の家にありました。ベルギーから留学先、そして日本にすべて持って帰ってきたのですが、一冊を読破するのにかなりの時間がかかっています。

そしてこのコミックは日本のAmazonから買えるみたいなので、帰国時にほとんどすべての本を手放した中、この一群だけはどうして海を何度も渡るはめになったのか自分でも不思議ですが、さすがに読んでいない本を手放すのだけは避けたかったので持って帰ってきました。

そんなわけで、読んでみました。

タンタンはベルギーに行くまでほとんど知らなくて、また英語ではティンティンと呼ぶらしく、フランス人の友人に最初に教えてもらったときに何を言っているか全く理解できなかったのですが、滞在したブリュッセルにベルギー漫画センターという大きな博物館があったので、そこに行ったときにブリュッセル生まれの漫画家が書いたこのコミックを買いました。というわけで、今回は話の内容はさておき、あの土地で過ごした毎日を懐かしく思いながら読みました。

博物館の写真は『写真でつづる散策日記』にいくつか載せたのですが、その中からタンタンに関する物を一つ転用しようと思います。

tintin.JPG
博物館内にあった巨大パネル


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
前の3件 | - 洋書を読む ブログトップ