So-net無料ブログ作成

ちはやふる [日本映画・ドラマを楽しむ]

綾瀬千早、真島太一、綿谷新の3人は幼なじみ。新に教わった“競技かるた”でいつも一緒に遊んでいた。そして千早は新の“競技かるた”に懸ける情熱に、夢を持つということを教えてもらった。そんな矢先、家の事情で新が故郷の福井へ戻り、はなればなれになってしまう。高校生になった千早は、新に会いたい一心で“競技かるた部”創部を決意する。まぶしいほどに一途な想いと情熱が交錯する、熱い夏が来る。(Amazonより抜粋)
漫画を読み、映画を観ました。

漫画のキャラクターと印象が異なり、最初は違和感がありましたが、徐々にうまくマッチして面白かったです。特にクイーンを演じてる松岡さんは、これまではドラマのコウノドリでしか観たことなかったので、配役を見てイメージが違うと思いましたが、表情にやられました。ストーリーの方も、限られた時間の中、漫画のエピソードをうまく組み合わせて魅せていたと思います。やはり原作の方が面白いとは思いますが、競技会は映像の方が迫力があってよかったです。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

技術翻訳 奥義と裏技 (18) 〜 (20) [和書・翻訳書を読む]

本書は、技術翻訳 奥義と裏技シリーズ全20巻の最終巻です。数年前、相次いで絶版になった数多くの拙著を、なんとしても復元させたい一心で、「2年間に20冊」という壮大な目標を立て、やっと、最終巻に辿り着きました。この最終巻は「技術翻訳のすべて」と位置付け、「総集編」、「要言編」の2編から構成されています。(Amazonより抜粋)
とうとう20巻読破しました。20巻はさすがに長すぎて途中で読むのに疲れてしまいましたが、読破できてよかったです。


技術翻訳 奥義と裏技 (20): 技術翻訳のすべて 総集編・要言編

技術翻訳 奥義と裏技 (20): 技術翻訳のすべて 総集編・要言編

  • 出版社/メーカー:
  • 発売日: 2017/06/14
  • メディア: Kindle版

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ: