So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の2件 | -

ブラックペアン [和書・翻訳書を読む]

新装版 ブラックペアン1988 (講談社文庫)

新装版 ブラックペアン1988 (講談社文庫)

  • 作者: 海堂 尊
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2012/04/13
  • メディア: 文庫
一九八八年、世はバブル景気の頂点。「神の手」をもつ佐伯教授が君臨する東城大学外科教室に、帝華大の「ビッグマウス」高階講師が、食道癌の手術を簡単に行える新兵器「スナイプ」を手みやげに送り込まれてきた。揺れる巨艦…!(Amazonより抜粋)
ドラマが作られるというので楽しみにしていたのですが、なんだかコントみたいな作りで消化不良だったので、原作を読んでみました。

ドラマの方は、スーパードクター渡海と佐伯教授以外の先生がダメ医者にしか見えませんでしたが、原作のほうはバランスが取れていて面白かったです。便利な道具によって専門職の技術習得の機会が奪われてしまうのは、他人事ではありません。本当に怖いのは、そんな道具によって、技術のある人たちが「コストがかかる」と職を失ってしまうことですが、この先どうなってしまうのですかね。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

護られなかった者たちへ [和書・翻訳書を読む]

護られなかった者たちへ

護られなかった者たちへ

  • 作者: 中山 七里
  • 出版社/メーカー: NHK出版
  • 発売日: 2018/01/23
  • メディア: 単行本
仙台市の福祉保健事務所課長・三雲忠勝が、手足や口の自由を奪われた状態の餓死死体で発見された。三雲は公私ともに人格者として知られ怨恨が理由とは考えにくい。一方、物盗りによる犯行の可能性も低く、捜査は暗礁に乗り上げる(Amazonより抜粋)
「さすがの大どんでん返し」と言われてしまうと、オチがなんとなく分かってしまうのが少々残念です。Amazonのレビューによると、筆者は一切取材をせずに執筆しているようなので、実態とはけっこう異なるとは思いますが、実際に制度を悪用する人がいて、必要なのに利用できない人がいる。予算が限られ、事務的に処理していく係の人もいるなかで、このように毎日を頑張ってる人たちもたくさんいるんだろうと感じられて面白かったです。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:
前の2件 | -