So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

統計学が最強の学問である [和書・翻訳書を読む]

統計学が最強の学問である

統計学が最強の学問である

  • 作者: 西内 啓
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2013/01/25
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
あえて断言しよう。あらゆる学問のなかで統計学が最強の学問であると。どんな権威やロジックも吹き飛ばして正解を導き出す統計学の影響は、現代社会で強まる一方である。「ビッグデータ」などの言葉が流行ることもそうした状況の現れだが、はたしてどれだけの人が、その本当の魅力とパワフルさを知っているだろうか。本書では、最新の事例と研究結果をもとに、今までにない切り口から統計学の世界を案内する。(Amazonより抜粋)
統計学が最強の学問であると断言する理由が分かりませんでした。色々な例を並べていてその違いは分かりやすかったけど、結局何が言いたかったのか分からず、統計が使えるようにもならず。初心者向けなのか、初心者にもならない人向けなのか、それとも統計学を学ぶ仲間で「あるある!」と楽しむためのものなのか...目的がよく分かりませんでした。

第1章は面白かったのですが、その後中途半端に説明が続いてしまい、重要な学問ではなく最強とする理由が明確でなかったのが残念です。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0