So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

悪徳の輪舞曲 [和書・翻訳書を読む]

悪徳の輪舞曲

悪徳の輪舞曲

  • 作者: 中山 七里
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2018/03/15
  • メディア: 単行本
14歳で殺人を犯した悪辣弁護士・御子柴礼司を妹・梓が30年ぶりに訪れ、母・郁美の弁護を依頼する。郁美は、再婚した夫を自殺に見せかけて殺害した容疑で逮捕されたという。接見した御子柴に対し、郁美は容疑を否認。名を変え、過去を捨てた御子柴は、肉親とどう向き合うのか、そして母も殺人者なのか?(Amazonより抜粋)
先に読んだ家族が「どんでん返しがスゴイ!」と言ったので、

逆にすぐに結論が分かってしまった!(怒)
何も言わなければ気づかなかったかもしれないのに...。

そんなわけでちょっと残念でしたが、全体的には面白かったです。「殺すつもりがなかった」半分事故のような罪ではなく、自らの意思で犯した罪でも償った(刑を終えた)後に葛藤が続くというのは分かるのですが、弁護士にまでなっちゃうような超人的な行動を起こす人のそれはさらに複雑で、理解できるようなできないような、良い意味で中途半端な状態を楽しみました。

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。